悪徳探偵にはご注意を

悪徳業者というのはどんな業種でも存在するものです。

最近多い悪徳業者の手口としては、専門知識を持っていない素人を騙して高額な商品、またはサービスを売りつけるといった手口です。

これは、インターネットの広告などでよく目にする詐欺の手口で、年間で数千件の被害報告が消費者センターなどに寄せれれています。

 

そして、知識を持っていないことで、騙されるケースが探偵業界でも起こっています。

悪徳探偵に対して対策する

 

この悪徳探偵の手口というのは、まさに先ほどの詐欺の手口と同じで、探偵についての知識をあまり持っていない人を騙して高額な料金を請求するといった、人の弱みに付け込む悪逆非道な行いです。

 

悪徳探偵といいましたが、こうした詐欺行為を行う業者には、探偵として営む許可を持っていない無許可の業者も存在しており、一概に探偵だから怪しいといったわけではありませんが、それでも現在も探偵業者に騙されたという人の話を耳にします。

 

こうした悪徳業者の被害にあわないためにしなくてはならないことは、「本物の探偵業者なのか確認する」、「契約書を発行して、内容も曖昧な表現が使われていない」などの確認が必要になります。

 

悪徳業者への対策を取るためには、どうしても一定の専門知識を持っておく必要があります。

探偵の場合だと、探偵業法や消費者センター、警察ホームページなどからも知識を得ることができます。